「efaxの評判が悪い」
ネットで調べていると色々な点が出てきていますね。

 

ただ、本当のところはどうなんでしょうか?

 

efaxは、私自身現在実際使っています。

 

評判が悪い主な理由に関しては正直分かる部分はあります。

 

しかし、実際に使い続けていれば気にならない程度になると思いますし、悪い評判をはるかに上回るメリットが存在するサービスであるとも思っております。

 

実際、私自身はefaxをとても快適に使っております。

 

⇒efaxがどんなサービスか気になる方はコチラから

 

 

 

このページでは、efaxに関してよく言われている評判が悪い主な理由を、実際に検証しました。

【efaxの評判が悪い】主な理由を実際に検証した結果

「efaxの評判が悪い」のはどうしてなのか?

 

不満分子が高い悪評は、大きく分けて3点ありましたので実際検証致しました。

 

 

 

【efaxの評判が悪い点 その1】サポートセンターの対応が良くない点

 

まず、一番多いと感じたのが
「サポートセンターの対応が良くない」
という点です。

 

「他の電話がありますので」と言って突然電話を切られた。

 

「順番を待っているお客様がいらっしゃいますので」と言われ、解決していないのに終了されそうになった。

 

「FAQに書いてありますのでよくお読みください」と言われ電話を終了。

 

「様子を見ていただいて何かありましたらまだお電話ください」とだけ言われた。

 

同様の対応をされ嫌な思いをしたとの書き込みが多く見受けられ、評判が悪い状態になっている点です。

 

見解
確かめてみるべく、操作方法に関して私も問い合わせを致しましたが、丁寧な対応をしていただきました。ただ、私の場合、使い続けていて知っていることをあえて聞いたこともあり、質問の仕方がぬるかったかもしれません。

 

サポートセンターの対応に関しては、対応に問題がある方はいらっしゃるかもしれません。
ネットでの悪い口コミが多く見受けられる以上は、efaxサポートセンターには再度社員教育を求めていかないといけないと思います。

 

ただ、問題がある方は一部であると思いますし、会社内で改善中であるはずです。

 

※もし新たな問題ある対応をお寄せいただけましたら、ココにもどんどん掲載していきたいと思ております。よろしくお願いいたします。

 

 

 

【efaxの評判が悪い点 その2】毎月送受信それぞれ150枚分は無料というのは違う点

 

efaxの公式ホームページでは、
「固定月額の中には、毎月送受信それぞれ150ページ分が含まれる」
と書いてあります。

 

しかし、実際使っていると違ってました。

 

150ページではなく、150分

 

であるという事です。

 

150分で150ページの送受信というのは、1ページ60秒で完了する前提になります。

 

しかし、現在の私の通信環境(基本WIFI環境)では、送受信に平均80〜100秒かかっております。

 

という事は、 1ページ100秒で考えると…

 

「大体90ページ分が固定月額に含まれる」

 

という事になります。

 

※これには契約者の通信環境なども影響してくるため、上記の数字は私個人の場合であり、一概に正しい数字とは言えません。ご了承ください。

 

ただ、計算上減ったとはいえ、固定月額に90ページ分の送受信がついているということで、毎月とても助かっております。

 

 

 

 

【efaxの評判が悪い点 その3】解約方法が分かりにくい点

 

「解約方法が分かりにくい」
というのもとても多く書かれています。

 

 

公式ホームページには、
「お客様専用サイトより解約手続きを進めていただきます」
と書いてありますが…

 

そこには、解約専用の電話番号が記載されているのみで、入力フォームはどこを探してもありません。

 

結論から言うと、解約方法は電話のみとなっております。

 

 

公式サイトを読み進めていって最後は電話なわけですから、わかりずらいと思うお客様は多いと思います。

 

 

実際電話した際は、お名前、FAX番号、pinコードを言うだけで、その場で解約処理をしてくれます。

 

 

確かに解約方法は分かりにくいため、悪い印象を持たれやすいと思いますが、事前に頭に入っていればストレスには感じないと思います。

【efaxの評判が悪い】悪い評判をはるかに上回るメリット

不満分子が高い悪評をこれまで紹介してきましたが、efaxには、これら悪い評判をはるかに上回るメリットがありますので、かいつまんでご紹介していきます。

 

 

 

【メリットその1】プリントアウトなしで送信ができる

 

「インターネットFAXなんだから当然でしょ!!」
と思われていると思いますが(笑)

 

やっぱりこれが一番のメリットだと思います。

 

通常FAXを送る際は、まずプリントアウトします。

 

そのあとFAXをする

 

という流れになりますが、ここからプリントアウトがいらなくなるのです。

 

時間短縮になりますし、用紙代も節約できます。

 

現代はほとんどメールやsnsでのやり取りがほとんどで、

 

「FAXの時だけなんだよね。プリントアウトするの」

 

なんて方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんな場合は、efaxにしちゃえば、プリンターと用紙、そしてインクともサヨナラできるかもしれませんよ!!

 

 

 

【メリットその2】市外局番が使える

 

インターネットFAXを送信する際よく見かけるのが、IP電話の「050」からはじまる電話番号ですね。

 

「050」もだいぶ普及していますので、
「大丈夫かな。この電話番号」
と思われることも少なくなってきてはいますが、やはり「03」や「06」などの市外局番からのFAXは無条件に安心できる材料になると思います。

 

発信地も市外局番からわかりますし、特に初めての相手の場合なんかは、その後の展開が楽になることもありますので、市外局番が使えるのは大きいと思います。

 

 

 

【メリットその3】FAX送受信の管理がとても楽!

 

紙ベースでのFAXだと、
「これ送ったっけ…履歴履歴…送った履歴はあるけど、送ったのこの紙だったかな??」

 

みたいなこと経験ありませんか?

 

 

その点、efaxだと、何をいつ送信したのかは一目瞭然でわかります。

 

紙で取っておくことが無くなるのでその分デスクのスペースを空けることができ、おまけに頭もスッキリすること間違いありません。

まとめ

efaxの評判が悪い理由を実際に検証した結果をまとめました。

 

 

悪い理由は大きく分けて3点ありました。

  • サポートセンターの対応が良くない
  • 毎月送受信それぞれ150枚分は無料というのは違う
  • 解約方法が分かりにくい

 

 

 

サポートセンターの対応に関しては、会社内で改善が施されていると思いますが、注意喚起の意味も込めて、新たに対応の悪さが寄せられましたら、このサイトでも掲載していきます。

 

毎月の送受信150枚分というのは、1分当たり1枚の送受信の前提であるため、この数字が正しくないことは分かりました。
しかし、環境によりますが、80〜100枚程度の送受信が月額分に含まれるのは大きいと思います。

 

解約方法に関しては、電話でのみになっております。
正直分かりにくさは否めないですが、事前に把握しておくことでストレスは解消できると思います。

 

評判んが悪い点に関しては、今後も注視していかないといけないですが、efaxには、悪い評判をはるかに上回るメリットがあります。

  • プリントアウトなしで送信ができる
  • 市外局番が使える
  • FAX送受信の管理がとても楽!

 

 

 

プリントアウトなしで出来るFAXというのは、使ってみないとその便利さは分かりません!!

 

あと、市外局番がつかえますので、「050」よりも信頼性が格段に高まります。

 

そして何より、送受信したFAXの管理がとても楽になります。

 

メール並みに可視化され、履歴が丸わかりになります。

 

 

efaxには、悪い評判をはるかに上回るメリットがあります。
今だけefaxでは
30日間無料トライアルを実施しております。

 

この機会に、インターネットFAXを一度体験していただくことを強くおすすめ致します。